4月7日(水)、2010年度(平成22年度)の入学式が、多くのご来賓やご父母の方々をお迎えし、盛大に行われました。
開式を告げる勇壮な秀明太鼓の披露、国家斉唱の後、高田貞明学校長の式辞、川島浩生理事長の告辞に続き、新入生を代表して中田君が誓いの言葉を力強く述べました。
続いて、在校生代表の古本君が「歓迎の言葉」で応え、最後に創立者が新入生とそのご父母に挨拶を述べました。
校歌斉唱の後、式は終わり、新入生は新たな1歩を踏み出しました。
新入生の素晴しい門出を祝い、お雛様が飾られました。 秀明太鼓の響きが、会場に清新な空気を生み出します。
鯉のぼりも、新入生の前途を祝しています。
川島浩生理事長が、新入生に向けて式辞
を述べました。
新入生を代表して、中田君が力強く「誓いの言葉」を述べました。 古本君が、在校生を代表して温かい「歓迎のことば」を述べました。
創立者・川島寛士先生が、新入生を激励しました。 新入生や在校生、教職員による校歌斉唱です。
「2010年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ