2月12日(土)、英国英語研修第V団に参加する1年生男子52名が、英国に向けて出発しました。
現地では、研修施設であるエバーズレー・カレッジとキングスゲート・カレッジに分かれ、2週間ずつホームステイと寮生活を体験し、生きた英語と英国の文化を学びます。
この研修に先立って行われた結団式では、代表生徒の千葉君が、出発にあたっての期待と決意を次のように述べました。
「私たちは待ちに待った英国英語研修に旅立ちます。現在、英語は世界の共用語として各国で広く使われています。V団参加者の英語力に個人差はありますが、全員が『英語の本場で生きた英語を学ぶのだ』という強い決意を持っています。
今回、このような機会を与えてくださった、創立者・川島寛士先生をはじめ、両親や先生方にも深く感謝し、実り多き研修となるよう努力します。」
「2010年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ