7月23日〜25日(月)、平成23年度全国高等学校総合体育大会水球競技関東予選が山梨県立甲府東高校で行われました。川口総合高・県立舟橋高・幕張総合高・城北高と順調に勝ち上がり、決勝戦で埼玉栄高を17対7で打ち破り、優勝と共にインターハイ出場を勝ち取りました。
 8月26日(金)〜30日(火)、第34回全国ジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会が大阪府立門真スポーツセンターで行われました。本校女子部員は1回戦でPISCINA静岡を11対2、2回戦でTOKUHARU(埼玉)を22対4で圧勝し、準決勝へと駒を進めました。優勝経験多数の藤村女子高(東京)を相手に粘り強いディフェンスを貫き、8対5で勝利を収めました。
続く決勝では、新勢力の柏崎アクアクラブ(新潟)と対戦し、15対2と快勝し、2連覇を達成しました。
 この結果、優秀選手(ベスト13)として3年生の倉持さん、小西さん、高橋さん、田中さん、大島さん、根井さん、2年の吉里さんが選ばれました。
 7月16日(土)〜21日(木)、第85回関東ジュニアテニス選手権大会が千葉県白子町のアポロコートテニスクラブで行われました。18歳以下の部には3年生の天野君、三浦さん、佐藤さん、2年生の立花君、坂本さんが出場しました。また、16歳以下の部には2年の鳴海君、1年の橋本君、三好君が出場し、シングルスで三浦君がベスト4に、ダブルスで三好君と橋本君のペアがベスト4となり、全日本ジュニアテニス選手権への出場を決めました。
 7月31日(日)〜8月7日(日)、大阪府大阪市の江坂テニスセンターで行われた全日本ジュニアテニス選手権では、三好君がシングルスでベスト8となる成績を収めました。
 8月9日(火)〜15日(月)、平成23年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)ボクシング競技大会が秋田県立総合体育館で開催されました。バンタム級で2年の平野君、ウェルター級で3年の石橋君、ミドル級で2年の赤塚君が出場しました。
 第61回全国学生美術展が開催されました。同美術展は小学生から大学生までが出展する学生の美術展で、『絵の甲子園』とも呼ばれており、今回の総出展数は1620点でした。
これに、本校の美術部員2名が油絵部門で出展し、2点とも入選しました。うち1点が優秀賞に次ぐ作品として賞候補に選ばれました。
 賞候補「シロ子」3年古川さん 入選「時の静物」3年久保さん
「2011年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲トップへ