2月15日(水)からの3日間、群馬県尾瀬岩鞍スキー場において、2年生の修学旅行T団がスキー実習を体験しました。レベルに応じた指導で、最終日には初心者だった生徒も山頂からのコースに挑むなど、見違えるほどの上達ぶりでした。
また、2泊3日の集団生活を通してお互いの親睦を深めるなど、スキー実習以外にも実り多い、有意義な修学旅行となりました。以下に生徒の感想を掲載します。
 「初めてのスキーは不安でしたが、友人と励ましあいながら充実した三日間となりました。何度も転びながらも、インストラクターの方のわかりやすい指導のおかげで、最終日には一人で滑ることができるようにもなりました。高校生活の楽しい思い出がまた1つ増えました。」

 「今回の修学旅行では、努力を経て目的を達成したときの爽快感を味わうことができました。自分の技能に合ったレベルの指導を受けて練習することで、確実に成長していく感覚があり、とても楽しく目標を持ってスキーを学ぶことが出来ました。また、スキーを楽しみたいです。」
「2011年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ