4週間に渡る英国での生活を終えて、U団の生徒が3月9日(金)に無事帰国しました。生徒たちの感想からは、研修が実り多いものであったことが伝わってきます。以下に紹介します。
 「もともと英語が苦手な私は、英国英語研修に参加することに不安を感じていました。しかし、ネイティブの先生方が優しく接してくれたおかげで、積極的に授業に取り組むことができ、多くのことを学びました。英語とは単なる記号ではなく、人と人をつなぐコミュニケーションツールなのだと学びました。帰国後も努力を続け、胸をはって英語を得意教科といえるようになりたいです。」

 「パリの建物は一つ一つが城のようで、中世にタイムスリップしたような感覚になりました。ロンドンと比べると通りには人々の活気が満ちあふれ、親しみやすい街に感じられました。エッフェル塔から街を見下ろすと、いつまで観ていても飽きることがない景色が広がっていました。このような貴重な体験ができたのも親のお陰なので、感謝の気持ちを勉強で返したいと思います。」
 「英国英語研修に参加して、一番進歩したと思うのが、リスニング力です。最初は単語を聞き取るのに精一杯でしたが、日を重ねるごとに自然と頭に入ってくるようになりました。授業で習ったことが、ホームステイなどですぐに活用できたのも、勉強を楽しめるようになるきっかけとなりました。また、友人たちと過ごした4週間も思い出深く、友情を深めることができました。」
「2011年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ