4月9日(月)に、2012年度(平成24年度)の第1学期始業式が行なわれ、高らかに打ち鳴らされる秀明太鼓が新年度の始まりを告げました。学校長から「始業式のことば」が述べられ、目標を持つことの大切さと挨拶の意義についての話がありました。
 同月11日(水)には新入生と在校生の対面式が行われました。まずは在校生代表生徒より「新入生の皆さん、今後の学校生活を有意義なものにし、本校のよき伝統を一緒に築き上げていきましょう。」という「歓迎のことば」が読み上げられました。そして、新入生代表生徒が「よき伝統を受け継ぎ、秀明英光高校にふさわしい生徒となるよう全力を尽くします。」と「決意のことば」を述べました。対面式に引き続き、各部活動の紹介が行われました。
在校生の拍手の中を進んでいく新入生 新入生を代表しての挨拶(対面式)
在校生を代表して(対面式) チアリーディングの実演
(部活動紹介・バトントワリング部)
新入生歓迎の演奏
(部活動紹介・吹奏楽部)
部員が作成した作品の紹介
(部活動紹介・美術部)
「切り返し」の披露
(部活動紹介・剣道部)
部誌とイラストの披露
(部活動紹介・アニメーション部)
「2012年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ