5月18日(金)、第29回体育大会が行われました。秀明太鼓の披露、橋本君による開会宣言に続き、松原君と吉里さんによる生徒宣誓、神田君による「競技場の注意」の指示が行われました。そして千葉君の号令で準備体操を行い、各競技が開始されました。急変する天候のため、時程に変更はあったものの、生徒たちは全力を尽くし、熱戦を繰り広げました。
 競技の結果は、赤組が2117点で2021点の白組を抑えて総合優勝を果たし、閉会式で団長の大塚君に優勝杯が贈られました。続いて学校長が講評を述べ、立喰君の閉会宣言で幕を閉じました。
ゴール前のデッドヒート(女子100m走) 接戦を制したのは(男子200m走)
兄弟校との対決(3校対抗リレー) 挟撃戦の結末はいかに(騎馬戦)
真剣な面持ちで技を披露(剣道演舞) 勝敗を左右するバトン捌き(紅白対抗リレー)
渾身の力を込めて勝負!(綱引き) 遠心力を生かすことが大切(台風の目)
大玉をしっかりコントロール(大玉競争) 真剣な勝負の中でこぼれる笑顔(棒引き)
「2012年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
△トップへ