10月17日(水)・18日(木)の2日間、2年生の希望者が普通救命講習に参加しました。上尾市消防本部にて警防課の方々から親切丁寧な指導を受け、スライドで応急手当について学んだ後、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AED(自動対体外式除細動器)の使い方などを実際に体験し、講習終了後には普通救命講習修了証が交付されました。
  講習を受けた生徒の感想を紹介します。
 「今回普通救命講習を受けることができて、本当にためになりました。人が倒れていたとしても、今までの自分だったら、何もできずに後悔の念だけが残っていたに違いありません。しかし、消防署の方々から正しい応急処置、AEDの使い方を教えていただいたことで、自分にもできることがあるのだと気付きました。実際にそのような場面に遭遇した時には、今回学んだ技術を活かしたいと思います。」
「2012年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
△トップへ