2月8日(金)に英国英語研修第U団が成田空港を出発しました。それに先立ち、2月6日(水)に結団式が行われ、代表の生徒が英国英語研修第U団に参加する1年生を代表して、決意を述べました。
 約12時間のフライトと2時間のバスでの移動後、日本時間の2月9日(土)
午前8時ごろ研修施設であるキングスゲート・カレッジに無事到着しました。
引率教員から報告と生徒の感想が届いていますので、紹介します。
【引率教員からの報告】
 「秀明英光高等学校英国英語研修第2団の男子51名は、機材変更で定刻より4時間遅れの出発となりましたが、学校長はじめ多くの教員、ご父母の皆様にお見送りいただき、元気にイギリスへ向かいました。生徒たちは、機内のマナーを守ってリラックスして過ごし、飛行機は、天候などの影響もなく無事ヒースロー空港に到着しました。空港内の移動は事前に練習した隊形を守り、速やかな移動を心がけました。入国審査なども滞りなく通過し、バスでキングスゲートカレッジに向かいました。カレッジには午後11時に到着し、ホームステイ組はホストファミリーに連れられて各ステイ先に向かい、カレッジ組は軽食後それぞれの部屋に入り休息をとりました。」
【生徒の感想】
 「イギリスに着いてからの土日でゆっくりと身体をなじませることができました。近くの街に出て買い物もでき、日本とは違う風景をじっくりと見て、外国に来た実感が湧きました。カレッジでの生活では現地の先生や調理師の方と少しずつ会話ができるようになり、話せるということがこれほどうれしいものだとは思いませんでした。これからもっと英語を学んで様々なことを話してみたいです。」
  (Y.O君)
「2012年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ