2月20日(水)からの2泊3日、群馬県尾瀬岩鞍スキー場において、2年生の修学旅行U団がスキー実習を行いました。宿泊を伴う集団生活を通して、スキーの上達だけではなく友人との親睦を深めるなど、思い出深い修学旅行となりました。
以下に生徒の感想を紹介します。
 「今までの学校行事の中で、最も良い思い出となりました。スキー実習はもちろん、往き帰りのバスの中でも、クラスメイトと一緒に過ごす時間を満喫できました。修学旅行を終えて、今振り返ると、インストラクターや、ホテルの従業員の方々など大勢の支えがあってこそ、楽しめたのだと深く感謝しています。」 (2年 T.S君)
 「今回の修学旅行は、中学校の時よりも、何倍も楽しかったです。一番の大きな違いは友人の存在です。和気あいあいと楽しみながら滑ることで、かなり上達しました。また、実習後も班行動で、友達を思いやる心遣いの大切さを改めて実感しました。この経験を、今後の学校生活で活かしていきたいと思います。」 (2年 T.Aさん)
「2012年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ