3月6日(水)に、2年生を対象に「新3年始業式」が行われました。「新3年始業式」とは、先週3年生が卒業したことにより、現2年生が最上級生であるという認識と、他校より1ヶ月早く受験生としての意識を高めるために行なわれる行事です。「勝利の栄冠は常に積極的に努力する者に与えられる」と創立者・川島寛士先生の言葉を、町田学校長が「新3年生のことば」として贈ったのに続き、戸澤学年主任からは最上級生の心構えについて、清水進路指導主任からは今後の進路指導についての話がありました。
「2012年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ