5月17日(金)、さわやかな好天に恵まれ、第30回体育大会が行われました。
千葉君による開会宣言の後、足立君と鈴木さんによる生徒宣誓、今橋君の競技上の注意の発表、そして深谷君の号令で準備体操を行い、各競技が開催されました。どの種目も赤・白に分かれた生徒たちが「技」を競い合い、熱戦を繰り広げました。
 競技の結果、赤組が1904点で1765点の白組を抑えて総合優勝を果たし、団長の
小島君に優勝杯が贈られました。続いて学校長が講評を述べ、小澤君の閉会宣言で幕を閉じました。
高らかに読み上げます
(選手宣誓)
勇壮な響きの秀明太鼓 昼休みに行われた演奏会の様子(吹奏楽部)
クラス代表の威信をかけて
(1年綱引き)
ゴール前の接戦
(1年女子100m)
白熱する競り合い
(1年棒引き)
トラック上を力走
(2年200m走)
剣先への真剣なまなざし
(2年剣道演武)
授業で練習した技を披露
(2年柔道演武)
息を合わせてスタートしました
(2年台風の目)
ほぼ横並びでのスタート
(2年男子100m)
接戦のラストスパート
(紅白対抗リレー・女子)
この時ばかりは友人も好敵手
(3年騎馬戦)
安定させて転がすのは大変です
(3年大玉ころがし)
トップだけは譲れない
(3年男子100m)
英光チームが見事1位でゴール
(3校対抗リレー)
兄弟校の威信をかけて対決
(3校対抗リレー)
優勝カップを胸に
(閉会式)
「2013年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
△トップへ