1月10日(金)、イギリス英語研修第T団参加生徒は、学校長や教頭をはじめとする多くの教員やご父母に見送られて、成田空港を定刻通りに出発しました。研修施設であるチョーサー・カレッジとキングスゲート・カレッジに無事到着しましたとの一報が引率教員から届いていますので紹介します。
 「イギリスまでの約12時間のフライトは、天候の影響を受けることもなく快適で、生徒たちも機内マナーを良く守って過ごし、イギリス人のアテンダントから「落ち着いている」「礼儀正しい」とお褒めの言葉をいただきました。ヒースロー空港へは、予定通りに到着し、入国審査を受けたあと、スーツケースを受け取り、男子・女子に分かれて、それぞれのカレッジに向かうバスに乗り込み、2時間ほどで到着しました。チョーサーカレッジでは、全員で夕食を取った後、カレッジに宿泊する生徒たちは、それぞれの部屋に入って旅の疲れを癒し、荷物の整理をしたり、シャワーを浴びたりして過ごしていました。一方、ホームステイをする生徒たちは、ホストファミリーが迎えにきて、それぞれのホームステイをスタートさせました。
 翌朝のミーティングでは一人ひとり体調を確認し、カレッジの施設案内や日程説明などのオリエンテーションを行いました。チョーサーカレッジでは、午後は全員でカンタベリーの中心部へと散策し、外貨を使っての初めて買い物にもチャレンジしました。
「2013年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ