第46回全国学生書道展に、書道部と1年書道履修者の作品を出品しました。その結果、山田君が日本書道芸術協会準大賞を、堀井さん(ともに1年)が推薦書象賞を受賞したのをはじめ、特選で7名、金賞で24名、銀賞で64名、銅賞で26名と大勢の生徒が入選しました。特選以上の作品は、来年6月に六本木の国立新美術館で展示される予定です。
「2014年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲トップへ