第97回全国高校野球選手権埼玉大会が開幕し、7月14日(火)、川越初雁球場で幸手桜高校を対戦相手として、本校野球部の初戦が行われました。12時30分、照りつける日差しと地面から湧き上がる熱気に包まれながら第2回戦のプレイボールが宣言され、初回に曽根崎君(3年)の先制タイムリーで1点を先取、4回表で同点に追いつかれたものの、長岡君(2年)の中越え2塁打で勝ち越し、その後も徐々に点差を開いていきました。また、守備では黒田君(2年)が先発し、相手打線を2点で抑えて9回完投と健闘し、9対2で勝利をつかみました。

「2015年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ