2年生を対象とした上級救命講習は、希望者多数になったため、12月3日(木)・4日(金)と10日(木)・11日(金)の2グループに分けての実施となりました。計8時間に及ぶ講習では、普通救命講習にはなかった乳児の救命法をはじめとする新たな技術を修得し、心の学習で学んだ命の尊さを改めて実感しました。2日間の日程をやり終えた生徒に修了証が渡され、人命を救える資格を手にしたその瞳には強い使命感が宿っていました。

     
「2015年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ