授業やホームステイについての生き生きとした感想が両カレッジから届きましたので、紹介します。

チョーサー・カレッジ
 「英国人の先生方の授業は、とても分かりやすいです。お金の種類と払い方、さらには断り方や値段交渉と実践的な英会話に始まり、イギリスの有名な建造物や観光名所まで様々なことを学んでいます。授業は少人数制で、毎時間必ず発言や意見を求められますが、疑問点はすぐに質問できるので理解も深まります。この恵まれた環境を活かして英語力向上に努めたいです。」

 「ホストファミリーとの初対面では、うまく挨拶することができませんでしたが、優しい笑顔の歓迎を受けて不安も吹き飛び、今では自分から積極的に話しかけるほどになりました。先日は家族と一緒にビーチまで出かけ、日本とは趣の違う、美しい海の景色に心奪われました。この温かいホストファミリーに囲まれながら、充実した日々を過ごしています。」

キングスゲート・カレッジ
 「今日はイギリスの伝統的なお菓子・スコーンを作りました。英国人の先生に教わるので、説明はもちろん英語です。一言も聞き逃すまいと集中力を発揮し、理解できなかったところは質問したり、みんなで補い合ったりしながら完成させました。英語をこんなにも楽しく学べるとは思っていませんでした。自分の話した言葉が通じると幸せな気分になります。」

 「緊張で固まっていた私を、ホストマザーは『本当の母親だと思って暮らしてね』と言って抱きしめてくれました。この言葉がきっかけとなり、自分から話しかけていこうという前向きな気持ちになれました。現地の人々と接する中で、文化の違いを経験から学び、国際的な視野を身につけたいと思います。イギリスでしか得られないものを全部吸収して帰りたいと思います。」


英語での授業に臨む

カンタベリー大聖堂前で

ホストファミリーとの団らん
「2015年度秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ