5月10日(火)に、女子生徒を対象に痴漢防止講演会が開かれました。「痴漢行為」にあたることとは何かから始まり、被害に遭いやすい時間帯や場所、被害に遭わないための方法など、埼玉県鉄道警察隊の方々から話がありました。大切なことは断固とした意志表示と相手の顔の確認であり、そのための方法を説明した後、護身術の実演も行われました。最後に、痴漢に限らず、不審者などの問題に遭遇した場合は、泣き寝入りせず、すぐに警察に相談するよう呼びかけました。

「2016年4月秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ