5月28日(土)から31日(火)にかけて、大宮第2公園を中心に、平成28年度学校総合体育大会兼全国総合体育大会テニス競技埼玉県予選会の個人戦が開催されました。ダブルスでは田中(優)君・田中(隆)君ペアが第1シードの実力を発揮し、本ペアとしては初の優勝を飾り、米原さん(以上3年)・浮田さん(2年)は準決勝で第2シードの山村学園高ペアと2時間を越える激戦の末に勝利したものの、決勝戦で惜敗し、準優勝となりました。シングルスでも田中(優)君の活躍は続き、圧巻の試合運びで見事3連覇を達成、ダブルスと合わせると、3年連続2冠という偉業を成し遂げました。米原さんは、全国レベルの強豪が集う本大会でも、粘り強いプレイで3位入賞を果たしました。また、田中(隆)君と、1年生ながら健闘した大河原さんはベスト16入りを達成しています。
 この結果、田中(優)君・田中(隆)君・米原さん・浮田さんの4名はインターハイ出場が決まりました。

「2016年4月秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ