11月4日(金)からの3日間、西東京ダイドードリンコ・アイスアリーナで、第33回東日本フィギュアスケートジュニア選手権大会が開催され、3年の小林(建)君はショートプログラム5位、フリースケーティング4位、総合で4位となりました。
また、同会場では第42回東日本フィギュアスケート選手権大会も行われ、1年の小林(聖)さんはショートプログラム2位、フリースケーティング6位、こちらも総合で4位に。この結果、小林(建)君は第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会、小林(聖)さんは第85回全日本フィギュアスケート選手権大会への出場が決まりました。
  翌5日(土)・6日(日)の両日には、福島県磐梯熱海アイスアリーナで、第36回東日本ショートトラックスピードスケート選手権大会が開かれました。2年の松津君は、500mで7位、1000mで6位、1500mで8位、総合で9位となりました。
この結果により、第40回全日本選抜ショートトラックスピードスケート選手権大会の出場権を獲得しました。

   
「2016年4月秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
▲このページのトップへ