11月11日(金)からの3日間、大宮公園体育館において、平成28年度県民総合体育大会兼高等学校ボクシング新人大会が開催されました。ライトフライ級の阿部(隼)君(2年)は、テンポの良いフットワークと得意のカウンターで相手を翻弄、フライ級の小山君(1年)は巧みなディフェンスワークと左右の強烈なストレートで圧倒し、ともに優勝の栄冠に輝きました。さらに、ピン級の阿部(竜)君(1年)・バンダム級の宮永君(1年)・ライト級の中川原君(2年)の3名は準優勝と、5階級で上位を本校が独占しました。
  この結果により、上記5名は来年の1月26日(木)に山梨県で開催される関東選抜大会への出場が決定しました。

「2016年4月秀明英光高等学校」のトピックス一覧に戻る
△トップへ