2月8日(水)、イギリス英語研修U団に参加する男子生徒が集まり、結団式が行われました。学校長を前に、代表生徒が「英語は世界の共通語です。真の国際人を目指す私たちにとって、今回の研修は貴重な経験となり、今後の人生においても意義あるものとなるはずです。創立者・川島寛士先生は『英語は技の学習であり、トレーニングすることにより、必ず身につくものである』と教えてくださっています。生きた英語を学ぶための第一歩とし、現地の方々とのふれあいを通して英会話力を磨き、文化を知り、4週間の実りある研修にすることを誓います」と力強く述べました。
 そして2月10日(金)、参加者全員がこの誓いを胸に刻み、イギリスへと旅立ちました。

▲このページのトップへ