6月18日(日)、ウエスタ川越で第18回吹奏楽部演奏会が開催されました。
第1部は「はずむ心のマーチ」で爽やかに幕を開け、吹奏楽オリジナル曲やアンサンブルが演奏され、続く第2部のポピュラーステージではJ-POPから演歌にいたるまで様々な音楽で会場を沸かせました。また、バトン部有志によるダンスも披露され大いに盛り上がる一場面もありました。
 部長の小澤さん(3年)が閉会の言葉を述べると、鳴り止まない拍手が会場を包み、これに応えて卒業生ほか14名が加わり、アンコール曲の「オーメンズ・オブ・ラブ」で、観客と演奏者それぞれの胸に楽しい思いを残して幕を閉じました。

△トップへ