2月13日(火)から2泊3日の日程で、2年生の修学旅行が長野県横手山・渋峠スキー場において行われました。スキーの技術力向上に加え、宿泊を伴う集団生活を通して、思いやりの心や友人との親睦も深めました。生徒の感想を紹介します。

 「スキーで得られる爽快感と練習を重ねるたびに上達していく達成感に喜びが大きくなりました。また、集団生活では食事・入浴・就寝と時間を厳守することで全体が円滑に回り、クラスの仲間と協力・協調していくことで、友人の新たな一面を知るきっかけともなり、さらに友情も深まりました。」 

 「スキーは久々ということもあり、緊張でいっぱいでした。インストラクターの親切で的確な指導のおかげで、いつしか不安も消え、思い切りスキーを楽しむことができました。寝食をともにした友人との時間により、一生の宝物となる素敵な思い出を作ることができ、とても満足しています。」

     
   
▲このページのトップへ