8月1日(水)から8日(水)にかけて、平成30年度全国高等学校体育大会(インターハイ)テニス競技が三重県の四日市ドーム他2会場において開催されました。
 男子シングルスに出場した松下君(2年)は1回戦で敗退しましたが、男子ダブルスでは、昨年度3位だった松下君・間仲君(2年)ペアで出場し、破竹の勢いで決勝戦まで勝ち進みました。決勝戦は、秀明八千代高校との秀明対決が実現しましたが惜しくも敗れたものの、見事準優勝に輝きました。
 男子団体戦には、松下君・間仲君ペアに、木内君・笹川君(以上3年)・横山君(2年)の3名が加わって出場。2回戦で第3シードの名古屋高(愛知)と激突、力は及ばなかったものの、ベスト32に入ることが出来ました。
 女子シングルスに出場した大河原さん(3年)は1回戦を難なく勝利しましたが、2回戦で敗退。浮田さん(2年)は1回戦で敗退しました。

△トップへ